<   2017年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

再野生化

電気の流れと水の流れが何となく似ている気がして、楽器をアンプに繋ぐとき、それを想像するのが好きなのです。
自分の声や楽器から吐き出したものが流れていって、海に届く感覚。
エフェクターをつなぐと、少しずつ細くなって枝分かれして、途中で消えたり、太くなったり、変化して、でも最終的にはアンプから音が出る。
栄養のある山か、無い山か、海は山によって良くも悪くもなるのと似てて、なんだか好きなのです。電気を通すの。
b0229138_18175694.jpg
この映画が気になる。
私は自然系の映画ってあんまり興味持てなくて、嫌いとかじゃないんやけど。↓こういうのは見たことないの。
b0229138_18195276.jpg
けど、この「あたらしい野生の地」っていうのは惹かれる。
リワイルディングっていうのが、とても興味そそられる。

以下内容↓

舞台となる自然の楽園は、もともと人間が使おうとして埋め立てられ、そして人間の都合によって捨てられ、忘れられた場所だった。

どこまでも続く美しい平野に何万匹もの白馬たち――<ここは、映画『あたらしい野生の地ーリワイルディング』の舞台となった「オーストファールテルスプラッセン」。日本で例えるなら、東京から50km離れた場所、例えば千葉県船橋市、神奈川県横浜市あたり、6000ヘクタールという広さは東京の大田区とほぼ同じ面積だ。そうした場所<に、深い森と青々とした草原、いのち豊かな湿地が広がり、野生の馬や鹿が走り、きつねが遊び、たくさんの鳥たちが飛びまわる自然の王国がある。都市部近郊にこんなにも雄大で命の宝庫のような自然が広がっている事例は、世界的にも稀で奇跡と言えるだろう。

オランダは国土の約30<%が海面より低く、20%以上は13世紀以降の干拓(海の一部を堤防でかこって中の水をくみだす)事業によりつくられた人工的な土地だ。この自然の楽園も同様に、1968年に行われた干拓事業によってつくられた。しかし、事業が経済的に破綻をきたして放置され、人が介入することなく10年が過ぎた。沼はやがて水草で覆われ湿地帯へと変化、おびただしい野鳥が集まってきた。さらに鳥たちが整えた水際にキツネなどの小動物もやってきた。>自然がみずからの論理(緯度、日光、降水量、地形、土壌など)にしたがって、元来の動植物相を回復してゆく。これは、忘れられた土地の45年後の姿を描いたものだ。

まるで動く生きもの図鑑!小さな土地で生態系がみずからを復元し、循環させていくプロセスを学べる。

b0229138_18224807.jpg

こういう話の方が、全然前向きな感覚で好きなの、私は。
自然界は美しいけど厳しくて、っていう見た後で「映像が壮大だった」「こんな素晴らしい地球を壊してはいけない」的な感想しか出ない映画はあんまり見てもなぁっていう感覚になる。
そんな感想しか私には出ないからかもしれないけど、ひねくれてるからかな。
そういう映画が好きな人を否定してるんじゃなくて、私は見てもそんな感想しか絞り出せないから、見ないだけっていう。

それより、人が壊したものを人が直したり、もうこの土地には草も生えないって言われてた土地に草が生えて再生するとかっていう話の方が、現実味がある気がして。
身近なものとして理解しやすいのかな。

「愛」はすばらしいっていう泣かせる系より、それは愛なのかとか、愛って何?って考えさせてくれるものの方が近くて私はそういうの考えるのが好きで、そういう感覚なのかな。そもそものモノの見方が。

とりあえず、これ情報↓

オペラちゃんは理論的にインプットして、感覚的にアウトプットしてるっていう言葉がなんだかしっくりきたの、この前言われて。
人によっては、両方感覚的な人とか、両方理論的だったり、色々いるんやろうね。

言われて確かになって思った。
音で出すときに決まりごとが嫌なのは、そういうことなんかなって。


もう少し。
多分、自分にとって大事なことの答えがもう少しで自分の中から出そうな気がする。
長く続けることだけがよいことではなくて、その先に何が見えてるか、が大事なのかなぁ。


よし!!フライヤー作ろう!!(´◉◞౪◟◉)
4月9日はアティックでイベントします!!(´◉◞౪◟◉)
おほほ(´◉◞౪◟◉)
b0229138_18482366.jpg

[PR]

by tabinekopera | 2017-02-28 10:10 | Comments(0)

やれない理由を自分以外の場所で探す前に

昨日は日本の昔からの神とか海外の宗教観みたいな話を聞きにゆきました。
友達に教えてもらわなかったら情報をゲットできなかったであろう、そういう流れを素直にとりあえず体内に入れてみようって思います。最近。
b0229138_23494638.jpg
話が早すぎて、最後の方、口からエクトプラズム状態やったけど、新しい世界の断片をちょっとでも知れると楽しい。
大学の授業でこんなんあったら面白そうやなって思いつつ。
今日から現場は高知大って思ってたら、大学の宿舎の耐震調査やって高知大じゃなかったって言う(´・ω・`)
ちぇっ。久々に先生のとこ行こかな思ったのに。

今週末は、これ。
b0229138_23533520.jpg
月一の楽しみ。ゴトゴトシネマ。

2月のもすごくよかった。
障害とか、幸せって、誰にとってのかって考えれる時間。

昨日の夜、久々にアティックに飲みに行ったらば、かかっていた音楽は【タナカ慶一】さん。
こんな人↓入ってる歌の感じがアイヌっぽいなって思ったらそうだった。
b0229138_00043370.jpg

敬愛するフェラ・クティのカヴァーを始め、アフリカ、日本、アイヌの伝統曲の現代アレンジや、シリア空爆の情勢から感化された曲を収録。様々なミュージシャンを迎え録音した楽曲からは、多種多様な文化の色や臭いまでもが混ざり合って聞こえてくる。

ジャズ・ピアノの巨匠である板橋文夫とサックス奏者・竹内直、石黒”Gropas”祥司(犬式・Doping Band)と奏でるFela Kutiカヴァー2曲やOki&Rekpoとの共演、HAKASE-SUNやマリ出身のンゴ二奏者Hamid”Papou”Dembele、岩見継吾をベースに迎えた疾走感溢れる書き下ろし曲、キングダム・アフロックス同胞NAOITO、他にも匆々たるメンバーで全10曲収録。タナカ慶一のドラム&パーカッションが鳴り響く。日高健介によるライナーノーツ&解説付きの内容豊かな一作。


求めていると、繋がる感覚。

音楽だけで考えると、3歳から29年間、ずっと音出してきて、その中でバンドに10年ぐらい集中して、それは全く後悔もないけど、今まで見てこなかったものとかに今は集中したいなって思う。
音も出し続けるけど、それだけじゃなくて、もっと広い世界の広い考えを吸収して、そこからまた自分の音に繋がるし、また別の世界にもつながるんやろうなって、最近はもっと違う世界を見に行くことに力を入れようって思う。

ずっと同じことしてても煮詰まるし、広がらない。

県外に行くのもライブ以外でほとんど行ったことなくて、バンド関係以外の世界や人と接することなかったけど、今年からは、旅に出て、その先で音を出す機会があれば出して、それよりその土地や人を見るのを優先しようって思う。

多分、音楽だけじゃなくて、人間って、同じ場所で同じものしか見てないとそれ以外のモノを自然と見ないようになりがちだと思う。
思考範囲の狭い人にはなりたいと思わないの。

月に毎週ライブして、って生活も大事やったし、必要だったと思う。自分にとっては。
でも、今は違う感覚。来年にはまた戻るかもしれないし、もう戻らないかもしれないけど。
b0229138_16583423.jpg
最近、ドラムやめたの?ってよく聞かれる。
やめてない(´◉◞౪◟◉)バンドやってます、曲作り。

昔、女性のアーティストのいいところは、結婚して子供が生まれたら音楽は辞めなきゃいけなくて、それを女性はわかってやっている、タイムリミットを自覚して活動してる、その危うさがいいんだよ、って言われたことあるけど、私は、それは男性も一緒だと思ってきた。

10代のころの男友達は自由で夢を追いかけてて、私はそこで男っていいなって思ってきたし、自分ももっとやれるって一緒に走ってきてたつもりだった。
けど、20代後半になるにつれて、自由に夢を語れなくなった男友達はバンドも辞めていくし、続けてても、家庭とバンドのバランスが危うい人が多くて、それって、私が昔言われたことと同じなんやないかなって思い始めてる。

バランスの危うい人の音って、どっかで切羽詰まってて、あがいていて、私はそこに惹かれてたし、一緒に音出したいって思わせられてきてたけど、今は、じっくり続けられる人と安心して音出せるほうが精神的によいのかもしれないって思うのです。
この人はたぶん、結婚しても子供ができても、うまくやっていけるやろうし、ずっと続けていくんやろうなって思える人。
危うさではなく、音楽だったり楽器を演奏することが、当たり前にある人。
そして、コピーやカバーで満足しない人。
そういう人と音を出すのが、今の自分の中で、音だけを考えればいい、安心感をもらえるのが、大事かなと。
けどね、たぶん、安定の中にある狂気ってあるのよね。
酔っ払いが変なのは当たり前で、素面の中にある変の方がもっと強力。

できる人はどんな状況でもやるし、できない人はいくら理想を言っても、できない理由を何かのせいにしてもできない。
それは、なんでもそう。
やれない理由を探す前に、私はやれることをやりたいって、思うなぁ。

自分のやっていくことに、覚悟をもってやれる人間になりたいって思う。
そうすると、自然と、人のせいにしたり、できない理由を探す必要なんてなくなると思うの。
b0229138_00352606.jpg

[PR]

by tabinekopera | 2017-02-27 10:43 | Comments(0)

4月の暴走特急

昨日行ったよ、怖い絵。
b0229138_19060928.jpg
タイミングの、偶然の、必然の日だった、昨日。
朝、パン屋のカムリさんとこに行こうとメールしたらば、「今ちょうど渡したいものが届いたとこです」というファッ( ゚Д゚)これは必然、から始まった。

パン買って、食べながら、香美市の美術館へゆき、展示されてた中に、藤島さんの絵が( ゚Д゚)ミシシッピに行く予定だった!
フライヤーを届けつつ、ご飯を食べに。
そして、武内先生の絵も!!
来月5日に行く予定!!
b0229138_21380802.jpg
くうちゃんの出店のご飯もいただき、ちょっとだけ話して、やっぱくうちゃんのご飯はパワフルで。
おいしくて(´◉◞౪◟◉)4月と5月にうちでイベントしてくれますのくうちゃん。
b0229138_19111957.jpg
お昼にくう食堂。
晩に、ミシシッピのカレー( *´艸`)
幸せ時間はあっという間で、終わりというのは悲しくもあり、次への幸せへの第一歩でもあると、思った日曜日でした。
b0229138_19135053.jpg
パンも買っちゃった( *´艸`)
b0229138_19141718.jpg
この頃感じる、この感覚。
今年は、なめられないようにするっていう結論。

よく相談や、話を聞く機会もあって、聞くのは好きなのです。
聞いてて、自分にとって大事な人って思うからこそ、私は、これはこうなんじゃないかとか、私はそう思わないとか、本当にあなたは完全なる被害者なのかとか言ってしまったりする。

最初は完全に聞く姿勢で対応しているせいか、途中で意見を言ったりすると、生意気とか、お前の言ってること全部嘘とか言われることもあって、はぁ?ってなることも多いなと思うのです。

そこで、考えて、ただ「貴方は頑張ってるし、全然悪くないのに、大変やね」って言ってほしいだけの人は、ちゃんとお金を払って、お姉ちゃんのお店にでも行けばよい、という結論が出たのです。
そう、日本には、居酒屋の後にゆくスナックや、ラウンジ、キャバクラ、などなど色んなお店があるのです。
男性向けの、色んな部分で癒されるためのお店。
私自身、働いてたこともあるし、そこに来る人たちが何を求めてるかも、見てきたけど、こういうお店って、世界中にあるものなのかって思ったとき、日本って…って思ってしまう。
どこでそうなってしまったんかな。

特に、男女区別するわけではないけれど、男性がお金を払って女性に日々の愚痴をいう場所が日常にあるのってなんだか不思議なのです。
女性向けの、メンズや最近ではバーのマスターに日々の愚痴を言う女性も増えてきたのかもしれないけど、それまでは圧倒的に男性向けの店が多かったわけで、それって、それだけ日本の男性は愚痴を聞いてほしい、自分のことをわかってほしい、俺ってこんなにすごいんだぞって誰かに言いたい衝動がたまってるのかなって思ったりするのです。
否定ではなく、疑問。

私自身、人に相談するのがそもそも苦手なので、その感覚があまりわからなくて、同じことを毎回愚痴られるのはなんの成長も相手から見えないし、自分の成長にもつながらないので、ある程度聞いて、あ、この人変わる気ないなって思ったら聞く時間無駄って思ってしまうので、あまり関わらないようにしようって思うしかない。
話しやすいのと、なんでもハイハイ言ってるしこいつ何言っても許してくれるって思われるのは違うんよね。
って最近気づいた。

相手が見栄とか虚栄心が強いだけの人なのか見極めて、甘やかすのはある意味簡単で楽やけど、それは私のすることじゃないなって思うのです。
変わりたくて、ちょっと弱音を吐いてしまうのは誰でもあることやし、いくらでも聞くけれど、それ以上は違うなって。

色んな人が居るなぁ。
だから楽しいし、自分の成長にもなるし。

そういう人達と、共に成長したいなって結論が出た今年の2月ももう終わりかけ。
b0229138_19362979.jpg
カメの住処をもっと充実させたいなと調べたら、色んな飼い方があって面白い。
そんな2017年、今年ももっといろんなことしたいな。

3月の26日、31日、4月は、1日に企画、9日に企画、10日、11日、14日、15日にイベントがあって、5月は周年。
忙しくなりそう。
楽しくなりそう。

もっといろいろ経験値を増やすのです。

そして、自分の周りの人への感謝を忘れずに。
b0229138_19442115.jpg

[PR]

by tabinekopera | 2017-02-20 19:47 | Comments(0)

溜めて吐き出す

自分の家のことができない分、この時間、計画練ったり、人からの刺激をもらいまくったりな日々、楽しい。

b0229138_20175917.jpg
イベントの準備やら、家の改装やら。
モキモキワクワク妄想が止まらない。

塗料ばっかり増えて、いまや一斗缶が4缶。

今日は早めに仕事が終わったので、要らない服とかをとりあえず捨てる&気になってたぐちゃってなってた靴下とかパンツやらタオルやら分別コーナー作ったり。
結果、すっきり!!
気分爽快。

これは、普段家に居て、いつでもできるって思っててやんなかったからであって、できない日々の中で、家に居る数時間の間にやればできるという自信!自信?

ってことで、箪笥すっきり。
分別コーナーすっきり。

この生活も明日まで。
あさってからは、マイハウスの改装じゃ。
そして、フライヤーも届いたので、妖怪ビラ配りと化すのじゃ。
b0229138_21380802.jpg
3月もなんだか面白げなイベントが決まりそうで、練り練りしております。
楽しみがいっぱい。

4月は死ぬほどのライブがあって、5月ははじめての周年イベントします。やまねこ4年目。
七五三でやろうかなって思ってたけど、できなかったので、4年記念。

来年の抱負は、ベルギーの猫祭りに行きたいなという。
三年に一度の猫祭り。予定は未定、けど希望は大事。
しかも、3年に一度の5月の第二日曜日!!
やまねこ誕生日も第二日曜!!なんも考えてない、勢いで決めたけど!!よし!!

ライブもできたらなー。
練り練り。

調べたら、なんで猫祭りになったかって、以下引用↓↓↓↓

14世紀になると、

ヨーロッパ各地で

ペストが大流行します。

疾病や災いは、

魔女の仕業という考えから

魔女狩りが行われました。

そんな中、

魔女の使いと信じられていた

猫を可愛がっていた

イーペルの人々は

「異教徒」の疑いを晴らすため

生きた猫を塔の上から

投げ落として殺したそうです。

なお、猫が殺されたのは、

不衛生なネズミや猫が病原菌を

運ぶと考えられていたとも、

猫に厄を負わせていたとも

言われています。

その後、イーペルでは、

一年に一度、「猫の水曜日」に

生きた猫を投げ落とす行事が、

1817年まで行われていました。

時が流れ、

このような暗い歴史を忘れず、

猫を悼むため、

生きた猫の代わりに

猫のぬいぐるみを落とす形で

1938年にイーペルで猫祭りが

開かれるようになったのです。

暗い歴史のある猫祭りですが、

現在は、猫好きが集まる

明るく、楽しいお祭りに

生まれ変わっているのです。

b0229138_22452148.jpg
なんだか悲しい。けど、生まれ変わってるから、よし!
宗教ってすごいな。っておもう。
宗教、というか、何かを、自分以上に信じる心理状況って恐怖。

占いとか、人の意見を必要以上に信じるのって、怖いね。
けど、なにか弱いものや、恐怖の対象を置いてそこから逃げたくなるのもわからなくもない。

まぁ、それより、私は、今の自分を信じてます。
自分の大事な人たちを信じて。
信じるのと依存は違うなって思う。


明日帰ってくる人のことと、自分ちの内装どうしようかなーとか考えつつ、勉強して、寝るのです。
おやすみなさい。
b0229138_22514457.jpg

[PR]

by tabinekopera | 2017-02-14 22:55 | Comments(0)

ゴトゴト生きる

明日はこれ!!
b0229138_00501069.jpg
今週はなんだか長く感じたのでした。
寒かったし、ていうか、寒いし。
今日は現場が興津という場所で、初めてゆきました。

山と海にかこまれた場所が、私は好きです。
b0229138_00571663.jpg
現場の前にあった学校では梅が。
かわいい。
梅と、ボケの花が好きです。
ボケの実も好き。
b0229138_00573889.jpg
昨日は久々に友人夫婦宅に遊びにゆき、3歳児に持っていった絵本が、ドン引きされました。
もう、それはもう、包みから絵本の絵が出た瞬間の、あの顔・・・。
これ、あげたんやけど。
b0229138_01014811.jpg
そう、どっかで見た気がすると思って調べたら、やはり、この絵本の絵の人やったんやね。
b0229138_01025725.jpg
ツタヤバイト時代に発見してた絵本。
これ、結構トラウマ系の、内容で、好きやったんやけど。

猫が好きなんやろうなって思ってたらやはり。


ということで、リベンジします。
泣かさないように(笑)




そう、今週はね、猫村さんになった気分でした。
楽しんでいます。
b0229138_01071590.jpg
自分ちの猫にはホッカイロ生活で我慢してもらいつつ、来週末には、家猫サービスするから許してと、思いながら。

最近の議題。
・犠牲を払うから、幸せになれない、という誰かの言葉。
・やられるほうにも問題がある、という加害者肯定の雰囲気。

まぁ、それは後日考えるで、とりあえず、自分がこんだけ相手のためにやってあげてるのに、っていう思考はあんま好きじゃなくて、それって、自己を犠牲にするから、自分も相手も幸せになれなかったりするんじゃないかなと思うのです。
自己を犠牲にする、そんなつもりはなくても、相手に見返りを認めてしまう。
私こんだけがんばってるんだから、あなたも少しは答えてよ、的な。

だれが幸せになれるんやろう。
自分を犠牲にしなければならない、それが当たり前で普通だから。
ほんまに?
自分が幸せで自由じゃないのに、なぜ相手を幸せに自由にしてあげられるんだろう?

自分を犠牲にすることは、本人の中では幸せである。
ほんまなかなぁ。
何かしらの形で自分にその努力の見返りがあったからそう思えるんじゃなくて?

とか、考えると。
私は、自分を犠牲にして、より、それをするために、自分がそもそもハッピーを前提にやる方法ってあると思う。


って思いつつ、最近自分の家に居るとできないことを、楽しみ中。
料理と、ホラー映画見ながら、絵描いたり、試験勉強して、古い動きの遅いノートパソコンをひざに乗せて、暖房完備のアパートで、大学時代の気分を味わってます。
明日はのんびりびりりん。

b0229138_01363897.jpg



[PR]

by tabinekopera | 2017-02-12 01:44 | Comments(0)

面倒なものほど、大事。

同じ日本人でも、色んな生き方があって、けど、【日本】の【常識】ってのがある中での色んな生き方で、その常識を無視した生き方を考えると、さらに世界は広がる。
b0229138_217545.jpg


そんなことを、本を読んで、ネットサーフィンをして、身近な人たちと話をして、思う。
世界中の人の生き方が、生活様式が、常識が、溢れている。
だから、自分自身が、日本人なんだから、日本の常識にしたがって生きるのは当たり前、だという考えは、基本疑って生きている。
それは、真理、ではない。

そして、私は、私の考えに合った生き方をしたい。
日本だから、女だから、31歳だから、じゃなくて。

私はそれでいいと思ってる。
それより、なんでも、なぜ?って思う方が一回しかない人生、良いと思うの。

もちろんね、日本に住んでるんやから、日本の生き方に従うべきッて、人も居るし、人それぞれ、こうあるべきッて考えは尊重する。
その考えをこっちに押し付けてこなければね(*'ω'*)

意見交換は好きだけど、押し付けは、宗教の勧誘となんも変わらんって思う。
そもそもこっちの意見、聞く気がないよね?あなた、っていう場合はね。

けど、そういう人って、そもそも聞く気ないから、こっちの話する時間が無駄な場合が多い。
ほっとくに限る。自分の時間を大事にするのが、何より大事。

最近学んだ、
なんであの人あんなこと言うんやろうって悶々考えてるときに、あの人は私のことなんか考えずにパフェでも食ってるよ
っていう、流しの思考。

話を聞く価値のある相手、相手のことを考える価値のある相手、自分の時間を割く価値のある相手、お金をかける価値のある人間、っていうのを最近周りから聞く。

大事だと思う人を、大事にしたいって思うから、大事にしようと思ってる。
友達でも、後輩でも、先輩でも。
b0229138_21181023.jpg


↑ちょっと気になる漫画。


全然話変わるけど、マザーテレサは尊敬するけど、だからってキリスト教徒全員を崇拝してるわけではないし、宗教に興味ない、っていう私の考えは、音楽や、身の回りの尊敬する人々に対して、私自身が持っている考えで。

昔は、音楽でも、ハードコアやパンクの思想ってかっこいいなって思ったけど、そういう音楽をやってる人たちが必ずしもそうではないっていう部分に幻滅したりしてたけど、当たり前よなって、すんなり。

色んな人いるもんね。

すごい人は、何かの縛り関係なく、すごい。
そして、そんな「すごい」(←私の中でのすごいっていう価値基準で)人を見極める『目』をもっと磨きたいなぁ、って思う。
b0229138_21351382.jpg


料理が楽しい。
この数年。

自分のための料理なんてしないけど、「人においしいって言ってもらえるのが生きがいです」なんて考えもなく、おいしくてもまずくても、作るのって楽しいなって思う。

『造る』のが好き。
何作ろうかなとか、何食べたいかなこの人、何が欲しいかなこの人、って考えてる時間も好き。

作ったものが、相手の趣味じゃなかったらそれはそれで、他人なんやから味覚違うん当たり前やし、別に気にならない、おいしかったらヨシって思う。
それでいいの。

それは食べ物だろうが、モノだろうが、自分の中では、全部一緒やったんやなって、気づいたので、今日は、もう眠るー(´◉◞౪◟◉)
b0229138_2140181.png

[PR]

by tabinekopera | 2017-02-08 21:43 | Comments(0)

4月は死ぬほど長い

今年の夜音祭は1日です!!
b0229138_20275037.gif


わくわくさん。

①やりたいかどうか。
②できるかどうか。
③やったるでぇ!

この3つが大事だと言うけれど。
できるかどうかは、やってみないとわかんないし、物理的に不可能じゃない以外、結構飛ばして、やりたかったらやる、でいいかなって思っている。

どうしようかなぁ、できるかなぁ、とか思ってると進まないことが多くて(´◉◞౪◟◉)
ゆえに、大事って思ったら、もしくは、直感でやった方が良いって思ったら、やろうって思う、ことが多い。
って考えると、あんま悩んでないのかなと思ったり、いや、悩んできた結果の、考えてもしゃーない思考?
b0229138_2049263.jpg


≪今からできる運勢を上げる7つの方法≫
 
1: 掃除をする
2: 発する言葉を変える
3: 着る服の種類を変える
4: 行く場所を変える
5: 何かに貢献してみる
6: 人の好意を受け取る
7: 自分の人生の奇跡を感じる

っていうのがあって、お金かからないし、意識してみるのもいいなって思ったり。
人生の奇跡ってなんやろ。
奇跡より、偶然より必然ってのが結構大事やなって思ってます。

必要な時に出現する事柄。


発する言葉や、行動を意識して変えると、今まで見えなかったものが見えなかったりする。
煮詰まったときに試すと案外効果的な、普段行かないとこに行ったりする、とか。
b0229138_20554259.jpg


明日から、試験勉強週間。
今年受けるか来年受けるか、決めてないけど、とりあえず、ジワジワ勉強してゆこう。

1月は「行く」2月は「逃げる」3月は「去る」って表現があるけど
4月は死ぬほど長いのだろうか、どうなんだろうか。

あっという間に時間は過ぎるけど、4月から走り去ること間違いなしな、予定に…。
作業ーーーーー(*'ω'*)

ドリアンが最近肩によじ登ってきて作業しにくい、急になぜ。
b0229138_2143379.jpg

[PR]

by tabinekopera | 2017-02-05 21:08 | Comments(0)

眠すぎる冬の野菜生活

先日、初めてふきのとうを天ぷらにして、初めてアイスプラントを食べた(ФωФ)
初めて記念日。
b0229138_20205784.jpg

b0229138_2021935.jpg


素材うまかったの、あとは、私の料理の腕…。
どっちも、山盛100円、という高知の日曜市に感謝。

写真は友達と半分こした後の量。
料理ももっとできるようになりたいな。
これは毎日のことやから、意識すればするほど、日々帰ってくるもの(´◉◞౪◟◉)

野菜を知りたいなぁ。
野菜ジュースで野菜を摂った気分になるのはもうやめよう、一日分のビタミンってあれ後からプラスされてる成分って考えたら、それはもはや、ケミカルと変わらないのでは(´・ω・`)

というか、栄養摂りすぎなんじゃないかと思うぐらい、今の生活って健康志向で一日これだけ摂取しなければってなってるけど、そこまで摂らなきゃなんないのかなぁ…って思ったり。

前はね、猫のカリカリの総合栄養食が人間にもあればって思ってカロリーメイトとか一日分の鉄分ビスケットとか食べてたけど、最近、そんなの考えるのもめんどくて、身体が欲しているものを摂取する方向へ。
b0229138_21222141.jpg


そうしたら、カップ麺も冷凍食品も、もう半年以上欲していない、私の体。
ありがたいのか、なんなのか、自分の親が冷凍食品とか使わない人だったのが影響しているのか、そこまで欲しいと思わない。

コンビニや、スーパーのお菓子やら食品が子供を糖分・保存料依存にしたりすると読んだことがあるけど、それが本当かは調べてないけど、糖分ってなんであんなに魅力的なのかしらと、思ったり。
果物で補給できたらいいな。


最近気づいたのは、一週間酒飲みまくったら、やたらオレンジジュースが飲みたくなるっていう。
そして、二日酔いが続くと、リンゴジュースが飲みたくなる、という謎。
解明せねば。
b0229138_21283799.jpg


今年は、味噌を作ってみようと思う。
1年寝かす。マイハウス、元、蔵だから、いけんじゃない?
楽しみ。

ナチュラリストでも、自然派でもないけれど、今年の興味は食べたことない野菜と料理。

と、妄想しつつ、フライヤーの図案を練り練りする。
夜音祭は4月に2本。
4月が、気づけば、ライブ6本入ってる。

ぎゃふん(´・ω・`)
b0229138_21345875.jpg

きゃっふーーーーー( *´艸`)やったるでー( ゚Д゚)
[PR]

by tabinekopera | 2017-02-01 21:36 | Comments(0)